FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by 斎主直正 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( Y)<久々にダクソやろうかな………

Posted by 斎主直正 on 29.2014 徒然草 0 comments 0 trackback
俺に長巻でも持たせてみろ
攻撃力だけなら五倍は上がるぜ


死がふた22巻、土方の台詞より抜粋。
いやー、ホント楽しみに待っているよコレはwww
あ、一応長巻が分からない人に説明するとだね………。

無題347px-Antique_shinto_samurai_nagamaki_1.jpg

長巻(ながまき)は刀剣の一種で、大太刀から発展した武具である。

研究者や資料によっては「薙刀(長刀)」と同一、もしくは同様のものとされていることもあるが、薙刀は長い柄の先に「斬る」ことに主眼を置いた刀身を持つ「長柄武器」であるのに比べ、長巻は大太刀を振るい易くすることを目的に発展した「刀」であり、刀剣のカテゴリーに分類される武器である。
以上、ウィキペディアより。


まあ、詰まりは太刀に棒を付けた柄の長い刀と考えれば良いかな。
薙刀はどちらかと言えば刀身は長い方では無いからね。
かなり大雑把な言い方をすれば………。
薙刀はポールウェポン、長巻はロングソードに分類する分け方、って感じだね。
多分コレを長巻って言うんだ~、って感じで改めて知った人も何気に居ると思うんだ。
俺と同じ人も居るかも知れんが、長巻を初めて見たのはもののけ姫、だったかなー。
アレのワンシーンにて出てきたんだよねー。
………まあ、何で弓矢で人の首がポーンって飛んでるんだ、ってツッコミが湧いたりはしたがな。
いや、アレホントおかしいだろwww
しかし話は変わるが、今では10歳頃の子供にアレは見せれないんだろうね。
人の手足が折れてる歪巻や、人死に、切断面とかアニメとは言え色々とあったからな………。
因みに親父曰く、アレを見せて俺の性格を図ったりしたそうな。
………まあ、その幼少期に見たアレが俺の趣味………趣味?まあそれに近い何かの要員の一端を担ってると思わんでも無いが。
先ず刀剣とかそう言ったもの好き、多分武とかにも惹かれる要因?
他にも余程じゃない限りのグロ好き?
そんなバラバラの死体が好きとかでは無いんだが………こう、なんだろね。
俺は常々人間の体は芸術品だと思ってるんだよ。
解剖書とか開いてくれれば分かると思うが、あんな大量の物体が人間の体に間隙無く無駄なく詰められて機能してるんだぜ?
コレを芸術品と言わずして何と言うよ。
それにより臓器とかが好きだし血も好きだ。
献血を良くやるのは血を見たいから、ってのも上げられるね。
自分の体からあの赤いのが流れてくのを見ていると………こう………クるものが有るよね。
それの延長によって好きに成った物だと………。
前に母と洋画ドラマの検死官とかのTVを見ていたんだが、嗚呼言ったのも好きかなー。
二人してあの死体の箇所は~、とかこうしてこうなるから~、といった会話をするのも好きだし。
かといってそう言った職種に就きたい訳でもないけどね、所詮は趣向の範囲でしかないし。

あ、それとは反対に無残な死に方は好きじゃないかなー。
死に対する美意識を持ってると言うのも有るけど、嬲られる死に方はホント好きじゃない。
特に拷問、普通に蹴る殴るは良いけど………中国のアノ拷問はマジ勘弁、特に男として。
一撃で終わるのが綺麗で幸せな形だと俺は思ってるんだよね。



てか如何言う話題だよ今回………。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://setunasyugi240.blog16.fc2.com/tb.php/496-bc5e707c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。